10月梵字川・立谷沢川の秋を訪ねて


弘法大師ゆかりの名所を巡る
秋の梵字川渓谷巡り。

15月山ダム周辺和尚峠よりs★DSC04543.jpg

2018年10月某日
 記録的な暑さとなった2018年。とはいえ、猛暑の年は紅葉が当たり年という説もある。10月も半ばを過ぎ、ようやく冷え込んできた気温に期待をふくらませ、その真偽を確かめに行くことにした。向かうは以前も訪れた「道の駅 月山」(月山あさひ博物村)(詳細はこちらのブログを参照)の梵字川付近。この辺りは深い山並みが続く東北屈指の紅葉スポットだ。例年であれば、そろそろ見頃を迎える時期だ。

03梵字川渓谷米の粉の滝s★DSC04521.jpg01梵字川渓谷米の粉の滝s★DSC02734.jpg04梵字川渓谷なびら雪吊橋s★DSC04601.jpg
05梵字川渓谷なびら雪吊橋からs★DSC02749.jpg09梵字川渓谷ふれあい橋からs★DSC04625.jpg12梵字川渓谷亀の滝撮る夫婦s★DSC04663.jpg11梵字川渓谷ふれあい橋から亀の滝s★DSC04652.jpg
16月山ダム周辺和尚峠よりs★DSC04539.jpg17月山ダムあさひ月山湖大橋を望むs★DSC02743.jpg19月山ダム周辺アカクラ・アオクラs★DSC04568.jpg

 湯殿山I.Cから国道112号を北上してまもなく、まず立ち寄ったのは道の駅の手前にある「米の粉の滝ドライブイン」。駐車場に車を停め、渓谷にかかる対岸の落差約25mの直瀑「米の粉の滝」を鑑賞。“米の粉”という少々な風変わりな名前は、流れ落ちる水の姿が“米の粉”に似ていたことにちなむらしい。とはいえ、どちらかと言えばその姿は白糸といった風情だ。ここの見どころは何と言っても、頭上にそびえる自動車道の高架橋と周囲の山並みの異色の組み合わせだろう。
 そこから道の駅へと続く展望遊歩道沿いの途中には「なびら雪吊り橋」がある。冬期間、雪の荷重による枝折れを防ぐ“雪吊り”と同じ形をしたこの橋は、梵字川渓谷を真下に望む景勝地。目的の道の駅はその先にある「ワイン蔵」の横を通り抜け、道路を挟んだ向こう側にある。以前も訪れた「ふれあい橋」(詳しくはこちらのブログを参照)からは眼下に、亀の甲羅を清流が流れ落ちるような景色から名付けられたという三段曲流の「亀の滝」が望める。先の滝といい、先人の豊かな想像力にはほとほと感心してしまう(笑)。
 橋は鉄製の堅牢な造りながら、吊橋のため目眩を想わせる“揺れ“が楽しい。不規則なその振動に表情を強ばらせる連れを笑いながら眼下の紅葉にレンズを向ければ、暖冬のせいだろうか、残念ながらピークにはまだ至っていなかったようだ(見頃は10月下旬頃?)。
 そこから少し足を伸ばして「米の粉の滝ドライブイン」の向かいにある「猿子渡り橋」を南へと向かう。雄大な「あさひ月山湖」の車窓が楽しめる約30分のこのドライブコースには「あさひ月山湖大橋」や「和尚峠」をはじめ、月山湖随一の景勝地と呼ばれる「アカクラ・アオクラ」といった景勝地が続き、月山が誇る広大な広葉樹林帯の眺望が広がっている。ちなみに道は「弘法物見の岩」あたりまで。ここからは引き返すことになる。梵字川渓谷同様に、こちらの紅葉も残念ながら最高潮とはいかなかったものの、迫力ある絶景は、秋なら尚更見逃せない場所だろう。

23いさごやs★DSC02845.jpg25いさごや前夕日s★DSC02825.jpg27いさごや前夕日s★DSC04794.jpg26いさごや前夕日s★DSC04786.jpg
28いさごや夕食s★DSC02855.jpg31いさごや夕食s★DSC02894.jpg32いさごや夕食s★DSC02914.jpg33いさごや夕食s★DSC02924.jpg34いさごや夕食芋煮食比べs★DSC02949.jpg
35いさごや月水湯s★DSC04898.jpg36いさごや月水湯s★DSC04872.jpg37いさごや吟水湯s★DSC03113.jpg
38いさごや吟水湯s★DSC03045.jpg39いさごや吟水湯s★DSC04960.jpg40いさごや朝食s★DSC03004.jpg41いさごや朝食ぶどうぜりーs★DSC03013.jpg42いさごやs★DSC04975.jpg

名残の秋に想いを寄せる
湯宿の静けさと豊穣の彩り膳。

 少し寄り道をしたせいか、いさごやに到着したのは予定より遅い日暮れ時。なんとか夕陽の時刻には間に合った(!)。部屋に落ち着くまもなく早速、連れと落陽の白浜へ。目を馳せれば、唱歌のような茜色の海の向こうにうっすらと雪化粧した鳥海山の姿も見える。ぽとん、と音を立てて水平線に落ちる線香花火の灯火のような夕陽を見送った後、一気に垂れこめてきた冷たい夜気に、上着の襟をたて足早に宿へと戻る。嗚呼、もう冬が近いのだ。
 秋鮭、秋刀魚、ソイに寒鰤。庄内柿、山葡萄、あけび。海に山にあふれる庄内の秋の幸が迎える食膳は、その彩りもあしらいも迷い箸の嬉しさ(笑)。人気の客前焼きでは、プリプリとした鮑の香ばしい炭の香りに食指をそそられる。今宵の真打「庄内さわらの幽庵杉板焼」は舞茸と銀杏、松葉に紅葉が添えられた、今日の景色を思い起こさせる吹き寄せ風。中でも愉快だった「山形名物 芋煮汁食べ比べ」は、醤油ベースに牛肉と舞茸の入った“内陸風”と、白味噌ベースに豚と野菜の“庄内風”が楽しめる乙な趣向だ。宿のすすめでオーダーした酒処、大山(詳しくはこちらのブログを参照)の特別純米酒「十水 とみず」もキレのよい辛口で、今夜の料理によく合う。バイプレーヤー不在の料理の数々は、さすがのひと言だ。景色に人に、山海の幸に。満腹の腹を抱えて向かった「月水の湯」で、濃厚だった秋の豊かさをかみしめる。
 翌朝は「吟水湯」に一番乗りし、朝の独り占め風呂を堪能。すっかり定番となった酒田港のイカ刺しからデザートのぶどうゼリーまで、美味い朝食を得て今日の目的地「立谷沢川渓谷」についてフロントの方に伺えば「なかなかレアですねぇ。」の反応。その答えに何故か期待は益々そそられる(笑)。はやる心を土産に、予定通り宿を出発。

44立谷沢川瀬場砂防堰堤s★DSC04996.jpg45立谷沢川瀬場砂防堰堤s★DSC05013.jpg49立谷沢川南部山村広場辺りからs★DSC05121.jpg
52立谷沢川六渕砂防堰堤s★DSC05067.jpg50立谷沢川六渕砂防堰堤s★DSC05091.jpg53立谷沢川月の沢渓谷入口辺りs★DSC04977.jpg
55立谷沢川月の沢渓谷×s★DSC03210.jpg56立谷沢川辺り鶴巻池s★DSC03170.jpg60立谷沢川辺り鶴巻池s★DSC05052.jpg

自然と響きあう力強い造形美。
昭和の名建造物、砂防堰堤。

 いさごやから国道47号線を経由し、羽黒山脇を抜け突き当たった立谷沢川を南進すること約80分。向かったのは、流域に点在する「砂防堰堤」群のひとつ「瀬場砂防堰堤」。その姿を目にした途端、思わず感嘆がもれる。堤長193m、堤高6m。色づいた周囲の山並みを震わすような轟音をたてながら、3段の堰堤を凄まじい量の水が流れ落ちている。
 最上川水系の支流である「立谷沢川」は、100を超える月山の沢水を集めて流れる清流で、豊富な水量と恵まれた水質は環境省の「平成の名水百選」に選定されている。川のある地域は月山の噴火による火山砕屑物からなる地質で地盤がもろく、歴史的にたびたび地すべりを起こし、庄内平野の洪水氾濫の原因となってきたという。そのため、流域には大規模な砂防ダムが幾つも整備された。深い山間に忽然と現れる巨大人工物は周囲の山並みとのコントラストから、この辺りの観光スポットになっている。
 近くの河原沿いには、キャンプや芋煮会等のアウトドアが楽しめる「南部山村広場」もあり、ここからは、遠くに月山の姿を望みながら大スケールの堰堤の滝と立谷沢川が織り成す、開放感あふれるダイナミックが景色が楽しめる。
 そこから車で数分。続いて訪れた「六渕砂防堰堤」は堤長157m、堤高は先の堰堤を上回る15mの堂々たる佇まい。近年、こういった巨大建造物を巡るマニアが増えていると聞くが、その迫力を目の当たりにすればなるほど、合点がいく。立谷沢川の中流域に昭和20年代に施工されたこの両堰堤は、機能と造形美を併せ持つ建造物として国の有形文化財にも指定されている。周囲には、“あばれ川”として恐れられてきた立谷沢川の災害を鎮める龍神信仰の供養塔も数多く残され、地域の歴史を物語っている。ちなみに、この堰堤の先には紅葉の名所の「月の沢渓谷」もあるが、訪れた際はちょうど工事のため立ち入り禁止のようだ(掲載写真は過去のもの)。
 程近くには月山登山や山スキーの拠点として利用される公共の温泉宿「月の沢温泉北月山荘」もあり、地元の主婦たちが運営する食事処「やまぶどう」でいただける季節折々の山の幸はなかなか評判らしい。そこから山道を15分程登ったキャンプ場の一角には、神秘的なロケーションから映画の撮影地にもなった「鶴巻池」が静かな水鏡をたたえていた。
 池は一周約30分程度と、散策にも手頃だ。水面に張り出したウッドデッキが絵になる美しい佇まいは、海外のリゾートを思わせる異次元空間だ(笑)。ここは、緑の息吹に包まれる春も美しい場所だろう(今年の紅葉の見ごろは10月末頃)。

63いろはsDSC04059.jpg61いろはsDSC04049.jpg64大山上池s★DSC03219.jpg
65大山上池s★DSC05209.jpg68大山上池s★DSC05225.jpg67大山上池s★DSC05202.jpg71大山下池s★DSC04697.jpg
69大山下池s★DSC02787.jpg70大山下池s★DSC04715.jpg72大山公園展望台s★DSC04755.jpg

飛来する渡り鳥たちの聖域に
美しき冬の使者を訪ねて。

 山をあとに昼時の腹ごしらえに向かったのは、大山街道沿いにある「いろは食堂」。地元はもとより、ラーメン好きでこの店を知らない者はいないだろう。地域に根付いた店とあって、平日ながらもさすがの盛況ぶり。週末はこの混雑が店の外まで続くらしい。運良くほぼ並ばずに席を確保し早速、名物の中華そば(630円)を注文。魚介の優しくあっさりとした風味のスープにちぢれ細麺のシンプルで飽きのこない味わいはほっとする旨さだ。店にはこの他にも評判の野菜中華(750円)や蕎麦、麦きり(庄内地方に伝わる細打うどん)等もあるが、地元ファンも多いこの味をぜひ一度はご賞味いただきたい(笑)。
 そこから最後の目的地大山の「上池」と「下池」までは車で5分程だ。江戸時代、治山治水の水害対策と農業用貯水池として築造された2つの池は現在もその役割を果たし、安らかな水辺の景観は夏にはハスの名所として人々の目を楽しませている(写真は夏の上池)。冬には渡り鳥の飛来地としても知られ、2008(平成20)年には周囲の湿地を含めこの辺り一帯が「ラムサール条約」に登録されている。
 ちなみに、池から湯野浜までは車で10分程と至近。再びここに戻ってきた理由は初冬を告げる使者、ハクチョウの姿を楽しむためだ。情報によれば、彼らが池に戻ってくるのは夕方頃。くれないに染まり始めた空を仰ぎ、凍える手をこすりながら今か今かと「上池」でその時を待ち構える。
 やがて一羽、二羽。そしてそれを皮切りに、続々とハクチョウたちが現れた。五色に染められた山並みを背景にふわりと水面に降り立つその姿は心洗われる清廉さだ(今年の紅葉の見頃は11月初旬頃)。その姿に見惚れ、さらなるスケールで鑑賞しようと「上池」からひとまわり大きい隣の「下池」へ。周囲を散策できる遊歩道も整備された「下池」にはコハクチョウやガン、カモ類など200種にも及ぶ池の野鳥たちを観察できる観察小屋「おうら愛鳥館」も設置されている。辺りをくまなく探してはみたものの、あいにく今日の「下池」にハクチョウの姿は不在(残念!)。とはいえ夕映えの黄金色に包まれ、鳥たちが水面にたてる小波がキラキラと輝く光景は、うっとりとする美しさだ。その姿をしばし眺め、そのまま高台の「大山公園」へと向かい、この旅2度目の夕陽を見送る。眼下に広がる人家にあらためて、こんなにも人の暮らしのそばに豊かな環境を持つ自然があることに驚きつつ、今では希少となってしまった鳥たちのサンクチュアリを思う。
 暖冬も手伝い最高潮の彩りには少し早い紅葉狩りとなったが、それでも山々が見せてくれた景色は、胸に染み渡る一期一会の錦絵だった。晩秋の陽射しは、どの季節にもない静けさと儚さに充ち、思い出の名残のようなノスタルジーがある。時を封じ込めるその叙情は、秋という季節がくれるもうひとつの“時への旅”かもしれない。


各施設の詳細と地図はこちら